商用で、本サイトに記載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

インド・ヨーロッパ系の言語がルーツと言われ、遊牧的なグループです。

14世紀頃から南に移動し始めたと言われています。
1800年初頭に、アウラング ゼーブの軍による侵入で、バンジャラ族がもともと所有していた牛の数のおかげで、武器を輸送する仕事に携わるようになりました。

バンジャラ族の女性達の衣装の色彩は、インドのあらゆるグループの中でも多彩でモード的です。
スカートはマスタード及び緑色の糸で刺繍されるボーダーを使用し、頭部をカバーするオダニ(大判のショール)は背中を覆います。
チョリ(ブラウス)を装飾する小さなミラーは刺繍され、銅、鉄、金属、動物の骨、プラスチックなど、バンジャラ族はなんでも装飾します。はだしに付けられたシルバーのアンクレット、イヤリング、首元をかざる重厚なメタルのネックスは素晴らしく、タカラ貝は髪の毛を飾り、手首や足首にも装飾されます。
バンジャラ族が通ってきたイスラム教の土地では、悪魔が頭の上に座り、悪さをして人々を迷わせると信じられてきました。<バンジャラ族もそんな風習を自然と受け入れてきたのではないでしょうか。

また、ミラーワークが太陽の光に当たると、キラキラとひかり、女性達が遠くにいてもすぐわかります。
灼熱の太陽で、布がすぐに傷んでしまうので、砂漠の民族達は刺繍をして耐久性をよくしました。
バンジャラ族を有名にするモチーフは、ミラーワークです。このミラーワークには、魔よけの意味が込められています。

▼バンジャラ

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 18商品中 1-18商品
  • 次のページ