インダス文明が栄えた西インドの砂漠地帯。
そこは雨が降らない乾燥地帯。
モンスーンの時期にならないと、花が咲かないと言われる荒野に、原色の世界に彩られた民族衣装があります。

グループ毎に家紋の様に決まった刺繍がモチーフがあり、階級ごとに使用する色の決まりがあります。
手刺繍のミラーワークや、手染め、手紡ぎのコットンから生まれる布を土台に、手仕事の詰まった民族衣装は、
世界中の目利きたちからずっと愛される、素晴らしい作品ばかり。

モンテケでは、大切に作られ保存された手仕事品の一部を譲って頂き、皆様にご紹介させて頂いております。

現在では作り手も少なくなり、実際に着用されることも減っていますが、作り手の歴史や、彼らの社会的地位、
わたしたちに訴える様々なメッセージを含めたこの芸術作品を、ぜひ次世代に繋げたいと言う一心です。ぜひじっくりご覧ください。



▼トライバル衣装

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 38商品中 1-38商品
  • 次のページ